Conference Program 2015 (Japanese)

カンファレンス・プログラム2015

前日:11月6日(金)
13:00 – 16:00 レジストレーション
[ANAインターコンチネンタルホテル東京]

Day 1:11月7日(土)
会場:国立新美術館
美術館はいまなお討論のための場なのか?

08:30 – 09:00 ANAインターコンチネンタルホテル東京より国立新美術館へバス移動
09:00 – 09:30 レジストレーション/ウェルカム・コーヒー
09:30 – 09:50 ウェルカム・スピーチ
09:50 – 10:50 基調講演+質疑応答:パトリシア・ファルギーイエレス
(社会科学高等研究院教授[EHESS]、フランス国立造形芸術センター理事[CNAP]、 パリ、フランス)
10:50 – 11:10 休憩
11:10 – 11:30 パネル1:蔵屋美香
(東京国立近代美術館チーフ・キュレーター)
11:30 – 11:50 パネル2:ジャック・パーセキアン
(パレスチナ美術館館長/主任キュレーター)
11:50 – 13:00 ランチ
13:10 – 13:30 パネル3:ブルック・アンドリュー
(アーティスト/モナシュ大学芸術デザイン建築学部講師、メルボルン、オーストラリア)
13:30 – 13:50 パネル4:ゲオルグ・シュルハマー
(インデペンデント・キュレーター、ウィーン、オーストリア)
ヘドウィグ・ザクセンフーバー
(シュプリンゲリン誌キュレーター/編集者、ウィーン、オーストリア)
13:50 – 14:20 休憩
14:20 – 16:00 登壇者によるパネル・ディスカッション
16:10 – 17:30 国立新美術館 展覧会観賞
17:30 – 17:50 徒歩で移動
17:50 – 19:00 森美術館 展覧会観賞(六本木ヒルズ 森タワー53階)
19:00 – 21:00 ウェルカム・レセプション
[六本木ヒルズクラブ](六本木ヒルズ 森タワー51階)
21:00 – 21:30 六本木ヒルズよりANAインターコンチネンタルホテル東京へバス移動

Day2: 11月8日(日)
会場:六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ49F)
モダニズムはどのようにグローバルに受容されてきたのか?

08:30 – 09:00 インターコンチネンタルホテル東京より六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ49F)へバス移動
09:00 – 09:30 ウェルカム・コーヒー
09:30 – 09:40 ウェルカム・スピーチ
09:40 – 10:40 基調講演+質疑応答:稲賀繁美
(国際日本文化研究センター教授/総合研究大学院大学教授)
10:40 – 11:00 休憩
11:00 – 11:20 パネル1:ハメド・ナサー
(アジア・アート・アーカイブ香港、リサーチ&プログラム主任)
11:20 – 11:40 パネル2:スラヴス・アンド・タタールズ
(アーティスト、ユーラシア)
11:40 – 12:50 ランチ
13:00 – 13:20 パネル3:ユージン・タン
(シンガポール国立美術館館長)
13:20 – 13:40 パネル4:マリアナ・ボティ
(カリフォルニア大学サンディエゴ校ビジュアルアート学部中南米近現代美術史准教授)
13:40 – 14:00 休憩
14:00 – 16:00 登壇者によるパネル・ディスカッション
16:00 – 16:40 六本木ヒルズより東京都現代美術館へバス移動
16:40 – 18:00 東京都現代美術館 展覧会観賞
18:00 – 18:40 東京都現代美術館からANAインターコンチネンタルホテル東京/原美術館へバス移動
18:40 – 19:30 原美術館訪問 素囃子「道成寺組曲」/杉本博司
(希望者のみ/限定200名※レジストレーション時に参加申し込みの受付を行います。)
19:30 – 20:00 原美術館よりANAインターコンチネンタルホテルへバス移動
Day3:11月9日(月)
会場:六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ49F)
グローバル・オーディエンスはいるのか?

09:00 – 09:30 インターコンチネンタルホテル東京より
六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ49F)へバス移動
09:30 – 10:00 ウェルカム・コーヒー
10:00 – 11:00 CIMAMジェネラル・アセンブリー
11:00 – 11:10 休憩
11:10 – 11:30 パネル1:ボーズ・クリシナマチャリ
(コーチ・ビエンナーレ財団共同創立者/代表、ケララ州コーチ、インド)
11:30 – 11:50 パネル2:ウォン・ホイチョン
(アーティスト、ジョージタウン、マレーシア)
11:50 – 12:10 パネル3:ペギー・レヴィット
(ウェルズリー大学社会学部教授兼学部長、ハーバード大学トランスナショナル・スタディ・イニシアティブ共同ディレクター)
12:10 – 12:30 パネル4:アントン・ヴィドクル
(アーティスト/e-flux創設者、ニューヨーク/ベルリン)
12:10 – 14:00 フィルム上映「Museum of Immortality」
監督:アントン・ヴィドクル、オレクシー・ラディンスキ
撮影:アイマン・ナール
編集:アダム・カリル、HDビデオ、25分
14:00 – 16:00 登壇者によるパネル・ディスカッション
16:00 – 16:45 六本木ヒルズより東京国立近代美術館へバス移動
16:45 – 18:30 東京国立近代美術館 展覧会観賞
18:30 – 19:00 東京国立近代美術館より明治記念館へバス移動
19:00 – 21:00 クロージング・レセプション
[明治記念館]
21:00 – 21:30 明治記念館よりANAインターコンチネンタルホテル東京へバス移動